即日融資の申込先に変化が生じていると知っておくべき

2017年までは即日融資を受ける時に、銀行カードローンと消費者金融は互いに補完し合う関係でした。総量規制対象外の銀行カードローンは、審査に通るだけの与信力さえあれば低金利融資を受けられるメリットがあるからです。

一方の消費者金融は、小口融資に対して柔軟な審査に定評があり、中小消費者金融が生き残りをかけて他社借入件数が多い人でも審査を行ってきました。しかし、2018年からは銀行カードローンは自主規制として即日融資を停止し、原則として警視庁のデータベースとの照合が終わる翌日になってから審査結果を通知するように切り替わったわけです。

このため、即日融資を受けられる申込先は、消費者金融に限定される結果となり、棲み分けが即日融資の可否に変わりつつあります。