学生がキャッシングを利用する条件

20歳以上で安定した収入を持つ人を対象として提供されているキャッシングは、アルバイトなどで定期的に収入を得ている学生であれば申し込み対象に含まれています。希望額によっては給与明細書や源泉徴収票の提出を求められるケースもありますが、親権者の同意書等は必要がありません。

ただし、未成年の場合は申し込み対象には含まれていないケースがほとんどです。民法により未成年者単独での法律行為は、後で無効に出来るという規定がなされている事が理由となっています。さらに、就職内定者であっても申し込みを行った時点で収入がない場合も対象からは外されています。使用した金額に金利を加算して返済するというのがキャッシングに求められているルールであり、継続的に収入を得ているという事を求められているからです。

キャッシングの審査は、信用情報機関への照会により利用残高や返済履歴等で合否を決定するという仕組みです。利用残高が少ないほど審査は有利となります。少額の申し込みの場合は収入証明書の提出を求められる事はないので、収入がそれほどでもない学生であっても審査に影響を及ぼす事はありません。重要となるのは、他の業者の利用残高と過去に返済に遅れていないかという事です。