学生がキャッシングに申し込む場合の注意点について

キャッシングの利用条件は、20歳以上で安定した収入があること、となっています。毎月の収入があれば、正社員として働いていなくても借りられます。さらに、パートやアルバイトなど、フルタイムで働いていなくても申込み可能です。

つまり、20歳以上であれば、アルバイトでの定期的収入がある学生でもキャッシングを利用できます。

学生がキャッシングに申し込んだ場合、両親への連絡先を申請する必要があります。審査では、同じアルバイト先でどのくらい長く働いているか、他の金融機関でも借りているかどうか、借入金の使途、などが重要視されるようです。社会人になる日が近い最終学年の学生の方が審査に通りやすいというデータもあります。

キャッシングの借入限度額は、総量規制により最大でも年収の3分の1までとなっているため、アルバイト収入しかない学生の場合は、審査で設定される利用限度額も低めになります。

審査での注意点は、アルバイト先への在籍確認が行われることです。

金融会社から電話がかかってきて、申告通りの職場で働いているか確認があります。会社名ではなく個人名を名乗って電話をかけてくるといった配慮はしてくれますが、キャッシングに申し込んだことをアルバイト先に知られたくない場合は、クレジットカードに申し込んだので確認の電話がある、と前もって伝えておけば不審に思われずにすみます。