会社ごとの最高限度額はそこまで重要な要素ではありません

キャッシングをする際の会社を選ぶ時に、どれだけ借りられるかの目安として、最高限度額に注目する方もいます。

しかし、最高限度額まで借りられる可能性はとても低いので、そこまで気にする必要はありません。

まず消費者金融の場合、総量規制により会社ごとに決められた限度額とは別に、借りられる額が制限されます。

それにより消費者金融から年収の1/3以上の額を借りることは出来ません。

消費者金融は最高限度額が500万であったり800万の会社がありますが、500万なら年収1500万以上、800万なら2400万以上の年収が必要で、それだけの年収を持つ人は極少数に限られるでしょう。

銀行ローンの場合は総量規制の対象になりませんが、それでも会社ごとの限度額一杯まで借りるには、信用を得る必要があります。

それには契約から最低でも半年以上経過し、個人毎に決められた限度額まで借りて、延滞せずに毎月返済し続け、増額申込みを経て段階的に限度額を上げなければいけません。

銀行からは比較的高額融資を受けやすいと言っても、消費者金融の最大限度額より多く借りるには、契約した銀行からの多大な信用と、それを培うための長い付き合い、そして完済しきれると判断される年収が必要になります。

それもまた非常に厳しい条件であり、そこまで限度額を増額させることは難しいので、届くことがほぼ無い賃金業者ごとの最高限度額を気にする必要は無いと言っていいでしょう。